Masashi Naka (BIG LOVE)

 

 


Jamie Isaac – Softly Draining Seas

 

だからこういうのが出てくるからUKは面白い。
King Kruleのコラボレーター、現在18歳。

 

James Blakeとどう違うか?
まったく違う。
James Blakeって本当に僕わからないんだけど。
ニューウェイヴがないんだな。
人によってはそれ(James Blake)と同じように聴こえるであろう彼(Jamie Isaac )の音楽はとんでもなくそれ(ニューウェイヴ)を持ってる。
顔も持ってる。
James Blakeって髪型からして持ってないよね。

 

でもね、コレを思うかというか結局この趣味が邪魔なんだと思うよ。
コレがあると売れない。
Empress Ofもそんな予感がするけど、そんなのない方が受け入れられる世の中なんだな。
と気付いた時はもう遅かった。
それって僕が外車や持ち家や宝石や海外旅行や高級料理やシャンパンに興味ないのと一緒で、それに興味ある方付随した人生の方が幸せになるんだよ、たぶん。
幸せってなんだろう。
ジョン・レノンに聞いてみた。

 

ビートルズは、ほしいだけの金を儲け、
好きなだけの名声を得て、何も無いことを知った

 

-ジョンより-

 

ってジョンが言っても求めるんだなあ、みんな。
若い子に昔言われたもん
「いや、一回なりたいんです。金持ちで有名人。」
って。
ジョンも言うと思うよ、ちなみにインディじゃ無理だぞ、って。

 

まあ、でも気持ちはわかる。
俺だってもしかしたら偶然出会った古い金持ちの友人にセレヴ・パーティにそのまま誘われて行ったらモデルの女子を前に見栄をはりたくなるしそしてトイレで惨めになるし帰りの電車でDestrution Unitなんて聴いてられなくなるしでもThe Gardenはサンローランだぞってi-Phoneでツィートしてまた惨めになって家に帰って聴くのはハウスかヒップホップかいやEDMいやエグザエルだなと中2のヤンキーレヴェルまで人間堕ちるかもしれない。
だから欲の使い方が大事なんだと思う。

 

ちなみにそれだって大人やたとえカルチャー人だとしても今や誰も教えてくれない。
彼らも自分騙して生きてるから大変な時代なんだよ、許して欲しい。
結局みんな同じところに行ってしまった。
わがまま言ったのは僕だけど寂しすぎる。

 

 

僕らがレコード聴かなく(買わなく)なるのってなんだろう。
「コレって役に立つの?」
って気付いた時なんだよ。
それって自分の時代終了の合図、残酷だ。
大人は物欲がなくなる。
僕も相当なくなってる。
格好良くいうとアルジャーノンの中盤以降みたいな感じ。
わかってるのにボワーって物欲が消えてく。
そのまま死んでいけばいいんだけど、人間(大人)は生きるために自分を正当化する。
「今はモノに縛られない時代」
「一生ものをひとつ持とう」
とか。
自分の衰えを若者のせいにする。
ようはいつの時代も大人に騙されるなってことなんだな。

 

 

そんなことを書いてる今日も結局大人になれない、大人に慣れない。
そしてもう一度自分より25歳も下のJamie Isaacを聴く。

 


Jamie Isaac – Softly Draining Seas

 

ちなみにレコード
中古盤の比重が大きくなるとその兆候だから気をつけろ!

 

仲真史

BIG LOVE RADIOはこちら!




 

Share this program!